日本の四季に合わせたヨガとハーブの融合

薬効の高いハーブを冬場は、鍋で炊き、湿度を高めて、暖かいと 感じられる部屋で行い、夏場や湿度の高い梅雨時期は、ハーバルエレメント香炉でハーブを燻し、ハーブの香りを嗅ぎながら行うヨガです。 ヨガの鼻呼吸法でそれぞれハーブの持つ効能・効果を 鼻粘膜から吸入する。鼻は脳に近い為情報キャッチも 早くストレスの緩和に役立ちます。 ハーブは薬と違い、悪い所のみを治すのではなく、 全体的に幾種類もの効能・植物の持つ生命力で、自律神経 にも働きかけるHerbal season yogaⓇで、副交感神経を優位 にし血管を広げ、消化機能の拮抗リンパ球を増加し、免疫力 を上げ、自然治癒力を自ら上げていきます。 他の何処のスタジオでも行われていない、 独自の【Herbal season yogaⓇ】を提供しています。

◎ホットヨガとの違い◎

四季を通じ、良く利用するハーブは、 若返り効果が高いと云われ、血管を強く血行を促し消化機能を高め新陳代謝を促進・細胞の老化防止する高酸化作用の 在る〈ローズマリー・真夏、ピッタ体質の方は少し控えめにします。〉体内の平滑筋の組織落ち着かせる為、ストレスから来る肩こり・頭痛・腰痛に有効な為、過敏性胃潰瘍・不眠などにも効果が期待できる〈ジャーマンカモミール・ヴァータ・ピッタ・カファとオールマイティーに使用可能〉その他数種類をブレンドし、スタジオ内に設置して行っています。

ヒーターで部屋を温め加湿器を使用し外から温め汗の出る環境で行うヨガは、Herbal season yogaの真逆です。 交感神経を優位にし体温上昇・血圧上昇・消化機能の抑制・好中球増加し活性酸素の増加に伴い健康被害の可能性も有る為に、運動を普段されていない方、更年期時期の年齢の方 、高齢者の方、妊婦さんには不向きなのは、云うまでもありません。

香りを嗅ぐことはダイレクトに脳に、しかも動物脳といわれる大脳辺縁系に直に届く為、リラックス効果を高めます。 Herbal season yogaは定期的に続ける事で、体質改善も期待できます。 更に、冷えや低体温で病気の発症しやすい身体を作らない様に、身体・五感の喜ぶ事を提供し続けてきます。

ヨガで得られる目的は、健康増進や、肩こりや冷えの改善が目的であったり、 メンタル面のバランスを図る為であったりと、入り口は人それぞれです。

ヨガ講座へのお申込み、お問い合わせはお気軽に

  1. ・不在の場合、留守番電話にメッセージを残して頂ければ、折り返しご連絡差し上げます。
  2. ・メールでのお問い合わせは3営業日以内にご返答いたします。