春にオススメのポーズ

胸腔を開いたりするアサナです。

また、冬に蓄えた脂肪を燃焼させるような、力強いパワーを使ったアサナが過剰なカファのエネルギーを軽減するのに 役立ちます。

春の不調

春は、自然治癒力を高めることを目的とし、ポーズで気を巡らせます。 水・土の要素が乱れやすい為、冬に蓄えた水(油)が流れ出します。 そのため、元々この質(カファ)が多い方は、鼻炎・目ヤニ・粘液の分泌が 盛んになり、不調として現れます。

朝晩の温度差による、自律神経の乱れでの不調も起きやすいです。 また、冬に蓄えた脂肪を燃焼させるような、力強いパワーを使ったアサナが過剰なカファのエネルギーを軽減するのに 役立ちます。

Matsyasana

(マツヤアサナ)​

マツヤとは、「魚」のこと。 仰向けになり、両腕を背中の下へ。 息を吐きながら首と胸部を持ち上げ、 背中にアーチをつくる。 頭をそらせ、頭頂部を床につける。

 戻るときも、頭をスライドさせながら ゆっくりと仰向けへ戻る。 

※ポーズ中、首を動かさないように 気を付ける。 

※重度の腰痛や、首に損傷のある方は行わない。

梅雨にオススメのポーズ

胸郭の流れを良くするアサナと、関節の動きを良くするアサナを取り入れます。

 

梅雨の不調

梅雨時期は、免疫力を高めることを目的とし、排出を促します。 水・土の要素の加え、火の要素も乱れやすくなってきています。 そのため、節々が痛くなったり、神経系の不調が出やすくなり、 自律神経からくる乱れも多くなります。

湿度で、物が腐りやすい時期なので、内臓にも負担がかかりやすく、 解毒に時間がかかります。

Supta Baddha Konasana

(スプタ・バッダコナーサナ)バリエーション

スプタは「横たわる」という意味。

仰向けになり、両膝を左右へ開き、足裏を合わせる。 ゆっくりとお尻を床から持ち上げ、鼠径部を開く。 息を吐きながら、右膝を床に近付け、骨盤も右に傾ける。 右手を耳の横へ持ち上げ、 右膝と右手の指でも引っ張り合う方向性を見つける。 鼠径部にスペースをつくる。 戻るときは息を吸いながら再度ヘソを天井へ持ち上げ、 吐く息で背骨を上から一本ずつ丁寧に床へと下ろして いく。 反対も同様に行う。

夏にオススメのポーズ

神経系や消化器系。胃腸の働きを高めるポーズを多く取り入れ、 夏の暑さでアグニが弱まるのと、エアコン等による下半身の冷え からくる血行不良を促進するアサナを多く取り入れています。

夏の不調​

夏は、気・血の巡りを良くし、冷房からくる冷えをなくします。 真夏になると、火の要素が上がり、消化機能が低下するのと同時に、 日本の高温多湿で、不調が起きます。

Parivrtta Trikonasana​

(パリヴリッタ・トリコーナーサナ)

パリヴリッタとは、「回転した」・「裏返った」、 トリコーナとは、「三角形」という意味。 右足を後ろに引く。足の幅は、一本分より少し広め。 右手を持ち上げて息を吸って、 吐きながら上体を捻り、右手を左足の外側へ。 (小指側・親指側に着く、もしくはスネ・太ももに 置いても良い) 余裕があれば、左手を天井へと持ち上げる。 (鎖骨のラインでも良い) 目線も天井へ。 戻るときは、目線・上の手を下ろしてからポーズを解く。 反対側も同様に。

秋にオススメのポーズ

神経系に働きかけるアサナ。不安定な要素を落ち着かせ、安定性を持たせる アサナを多くとりいれます。 小腸と大腸に働きかけるアサナも多く取り入れていきます。

 

秋の不調

前半は、まだピッタの要素が強いですが、 秋は、身体本来の働きを取り戻します。 風・空の要素、ヴァータも上がってきて、不安定になりやすい季節です。 また、消化力も不安定になりやすい為、 アサナで、地の結びつきを強く感じ取っていきます。

Parivrtta Janu Sirsasana​

(パリブリッタ・ジャーヌ・シルシャーサナ)

ジャーヌは「ひざ」、シルシャーは「頭」という意味。

一方の足を伸ばし、他方の足を曲げ、 体側を伸ばしながら捻るポーズ。

曲げた足のつま先は反対の足の内腿につける。

曲げた足側の腕を持ち上げ、 吐きながら上体を倒し、体側を伸ばす。 戻るときも、お腹を使いながらゆっくりと ポーズを解く。

冬にオススメのポーズ

神経を鎮めるアサナ。地に安定させるアサナを多く行います。

 

冬の不調​

冬は、血行不良と乾燥による不調。風と空の要素であるヴァータが強く、 乾燥により、増悪します。そのため、末端の冷えや腰痛に悩まされる方が多い です。 冬の寒さによる筋肉の強張り、肩こり・頭痛を併用する方も多く、 心落ち着かず、神経過敏になりやすく、そのために不眠も起きやすいです。

Baddha Konasana​

(バッダコナーサナ)バリエーション​

バッダとは「捕らえられた」、コーナは「角」という意味。

両膝を立てて座り、膝を左右に開いて足裏を合わせる。

かかとは恥骨から離し、足の間隔は大体ひし形くらい。

骨盤を立て、背筋を伸ばしながら、 吐く息で前屈。 通常のバッダコナーサナとはまた違った角度で 股関節が開いてきます。

ヨガ講座へのお申込み、お問い合わせはお気軽に

  1. ・不在の場合、留守番電話にメッセージを残して頂ければ、折り返しご連絡差し上げます。
  2. ・メールでのお問い合わせは3営業日以内にご返答いたします。