日本の四季に合わせたヨガとハーブの融合

薬効の高いハーブを冬場は、鍋で炊き、湿度を高めて、暖かいと 感じられる部屋で行い、夏場や湿度の高い梅雨時期は、ハーバルエレメント香炉でハーブを燻し、ハーブの香りを嗅ぎながら行うヨガです。 ヨガの鼻呼吸法でそれぞれハーブの持つ効能・効果を 鼻粘膜から吸入する。鼻は脳に近い為情報キャッチも 早くストレスの緩和に役立ちます。 ハーブは薬と違い、悪い所のみを治すのではなく、 全体的に幾種類もの効能・植物の持つ生命力で、自律神経 にも働きかけるHerbal season yogaⓇで、副交感神経を優位 にし血管を広げ、消化機能の拮抗リンパ球を増加し、免疫力 を上げ、自然治癒力を自ら上げていきます。 他の何処のスタジオでも行われていない、 独自の【Herbal season yogaⓇ】を提供しています。

IMG_6207

普通のヨガとの違い

当店の推奨するHerbal season yoga®とは、

薫りをかぐことで、リラックスしたり、頭をすっきりさせたり、体全体の調子を整えることができると考えられています。
思っているよりも薫りが及ぼす影響は大きく、即効性があります。
薫りはほんの数秒で...0.2秒とも言われていますが...大脳から神経、
ホルモン系、免疫系にまで伝わっていきます。

まず薫りの分子は、鼻の付け根にある臭上皮に伝わり、鼻、喉を通って気管や肺へ入り、膜から血管壁を通って吸収されます。
また一方では薫りの情報を、臭上皮に集中している臭覚神経から、大脳の中心部にある大脳辺縁系へ送ります。

大脳辺縁系は、記憶や意欲、そして感情や自律神経活動を司っている部分。大脳辺縁系は臭脳とも呼ばれ、感情や記憶に関与します。

薫りと、脳への作用を理解したうえで、じっくりと深い呼吸を身体の隅々に行き渡らせて、優しいヨガのポーズで、関節や筋肉に刺激を入れていきます。

 

四季を通じ、良く利用するハーブは、 若返り効果が高いと云われ、血管を強く血行を促し消化機能を高め新陳代謝を促進・細胞の老化防止する高酸化作用の 在るローズマリー。(”真夏、ピッタ体質の方は少し控えめにします。”)体内の平滑筋の組織落ち着かせる為、ストレスから来る肩こり・頭痛・腰痛に有効な為、過敏性胃潰瘍・不眠などにも効果が期待できるジャーマンカモミール。(”ヴァータ・ピッタ・カファとオールマイティーに使用可能)その他数種類をブレンドし、スタジオ内に設置しながらヨガを行っています。

ヨガで得られる目的は、健康増進や、肩こりや冷えの改善が目的であったり、 メンタル面のバランスを図る為であったりと、入り口は人それぞれです。

※ヴァータ・ピッタ・カファとは?

ハーブを使ったヨガ講座ご予約・お問い合わせ

ヨガ講座へのお申込み、お問い合わせはお気軽にご相談ください。

Tel:077-576-7830【受付時間】10:00~17:00(土日祝除く)お問い合わせ

メールでのお問合せは24時間受けつけております。
受付時間外にいただいたお問合せにつきましては、翌営業日以降に対応させていただきます。

LINEで相談